やちよタウンについて

やちよタウンについて

 

 

千代に八千代に

 

「八千代」はめでたく喜ばしいときに使われ、無限の発展性を秘めているという意味があります。

八千代市は住宅団地の発祥の街として高度成長期とともに大きく栄え、現在では19.7万人(2017年11月時点)が暮らす、千葉県を代表する街のひとつ。今後も、更なる成長が見込まれます。

 

ファミリーが住みやすい街へ

 

八千代市が発展していくためには、子育て世帯が住みやすい街であり、愛される街である必要があります。

住みやすさはアクセスがよかったり、お気に入りの部屋や環境があったりという「ハード」の面だけでなく、ご近所さんとの緩やかなつながりや街に対する愛着という、「ソフト」の面の両輪が必要になってきます。

ここで生まれて育った子供達が、誇りを持ってこの街を「地元」といえるかどうかが鍵となるかもしれないですね。

 

こちらのホームページ「やちよタウン」では、八千代市に住んでいる子育て世帯の方々が生活する上で、有益な情報を集めていきます。ぜひ皆さまと共に作っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

 

ヤチヨタウンロゴ

ロゴデザイン

 

若菜をモチーフとした八千代の街への想いを載せて

・若菜の葉っぱ は 八千代の「八→8」を横にしており、8という数字を横にすることで、 ” 千代 (永遠)” の意味を込めています。

・若菜は ” 家族 ” を表しており、この地に家族やその子供たちが根付いて欲しいという願いを込めています。